FC2ブログ
団員たちが切磋琢磨する様子を綴ったり綴らなかったり。
シンプルに2
公演お疲れ様でした。本当にありがとうございました。

体を壊して舞台を荒らした一年役者風情が何を言ってるのか、といった感じですが、
この公演が自分の演劇人生の全ての目標だ!と思って望んだ方以外は、今回得たさまざまな経験、感情その他得たもの全てを、今日以降、他のところで生かせばいいのではないでしょうか。
余韻に浸ったり、レパを読み直して感傷的になったり、自己嫌悪入ったり躁になったり欝になったり。
なんでその状態になったのかも考えてみたりしながら、また生活のサイクルに戻っていこうと思います。
あんな状態になりながらも、私を降ろさないでいてくださった作演さん並びに全ての共演者、関係者の皆様、そして観客の皆々様に心からの感謝と謝罪の意を表しながら締めさせていただきたいと思います。

一羽の小さな燕の子、神向透華でした。ありがとうございました。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック