団員たちが切磋琢磨する様子を綴ったり綴らなかったり。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日も今日とてゲームする
 ども。公演が終了して、早速ダメ人間生活を満喫中の長岡洋平です。アンケートにはだいたい『ピンク色のパンツの人』と書かれていました。早く名前を憶えてもらいたいです。


 一月前、実家から食料が送られてきました。いと嬉しきことかな、などと小躍りしつつダンボールを豪快に引き千切り中身を確認すると、そこには数個のカップ麺、カレー、そしてチキンライスが入っておりました。僕は、『偉大なる父よ、母よ、この世に僕を産んでくださり万感の想いです』とひとしきり感謝し、早速チキンライスをレンジでチンして食べたのです。


 次の日、偉大なる父から電話がかかってきました。何気ない会話をしていると、父が突然こんなことを言いました。
「そういえば荷物は届いたか?」
「うん、届いたよ。早速チキンライス食べた。ありがとう」
「なに!?チキンライスを食ったのか!?」
「どうしたの?」
「い、いや、何でもないんだ。体調管理はしっかりな。じゃ」
父は突然電話を切りました。嫌な予感がした僕は、チキンライスのパッケージを確認しました。

 嫌な予感は見事に当たっていました。

 
 賞味期限が切れていたのです。



しばらく呆然としていると、メールが着信しました。
送り主は父。

『すまん』






 あれから一月が経過した昨日、また実家から食料が。
中には数個のカップ焼きそば、カレー・・・・

 そしてチキンライス

やっぱり賞味期限が切れていました。






・・・・・腹減った。チキンライスでも食うか。




 では。



 ※この日記は一部フィクションが含まれ、実際の事件とは多少違うことをご了承ください。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。